ドイツ式フットケア|ドイツ式フットケア&シューズセレクトショップ RHYTHM

ドイツ式フットケア

山梨県初のFSI認定フスフレーガー認定。

山梨県初のFSI認定フスフレーガー認定

「フットケア」は「ヘアケア」、「スキンケア」のように、自分自身をより健康で美しくするための基本となっています。
足は全身を支え、体と重力のバランスを保つ大切な役割をもっています。健康的な足の条件は、足の指が自由に動いて、足の骨格が正しい位置にあり、バランスがとれていることです。
しかし、現代の女性のほとんどが、一日中靴やストッキングを履いている生活、運動不足や体の冷えなどいろんな要因で健康的な足を保つことができていません。足を美しく健康的にするには、正しいフットケアが大切です。フットケアの方法として自宅でのマッサージやフットケアキット天然植物エキスに足を浸す方法なども効果がありますが、ドイツ式のフットケアサロンがお勧めです。ヨーロッパでは古くから「靴」を履く習慣があり、日本の「草履」の文化と違い「靴の文化」なので、靴を履くことによる足のトラブルの研究は古くから行われてきました。中でもドイツは進んでいてフットケアは医療行為として認められています。
ドイツではフットケアのことを”フスフレーゲ”といい、足の手入れ、足のケアのことを意味します。それを行なうものを”フスフレーガー”といいます。
ドイツ式フットケアが日本に紹介されたのは1990年です。靴の輸入商社がドイツ人のマイスター制を導入し、その一環として靴屋にセミナーを開講したのが始まりです。